月別アーカイブ: 2020年2月

投資先としての外国為替

日本円もそれなりに不安定になってきているということもあり、また日本経済そのものがそれほど期待できないというような意識を持っている人も多いです。
だからからか、外貨貯金などに注目が集まっているわけですが外貨を取引するという点においては最もコストが安くできるのが実はFXであったりします。
一応、FXでは頻繁に取引をすることが前提になっている感はありますが外貨貯金のやり方としての側面があるのも確かです。
そもそも銀行などで外貨を持っているということに関しては意外と手数料がかかるのです。
しかし、FXは大抵の業者がそれなりに安く手数料を設定しているということが多くなってきましたから、外貨をとにかく取引したいという人であれば基本的には外貨貯金などをするのではなくFXをするという事の方がお勧めできます。
特にスワップポイントというのを手に入れることができる可能性があるので、それがまずは魅力です。
これは政策金利差によるものであるわけですが要するに自分が売った時の通貨と買った時の通貨の金利の差というのがあるので、それを受け取ることができるかどうかというのは自分の持っていたすぐ彼の政策金利の方が安いということが前提になります。
ですが、これは日本の場合ほとんど気にする必要性がないです。何故ならば日本の政策金利というのは極めて低いので大程度の通貨にしたところでスワップポイントは受け取ることができる権利になるからです。
ほぼそうなると考えておいてこれは間違いないことになります。
基本的には短期的な取引を意識するものではありますが、ある種の外貨預金のやり方の一つとして外国為替証拠金取引を行うというような人たちもいるくらいであり、FXはそうした使い方ができる投資ともなっています。
当然、レバレッジなどをかけて、それなりに高い倍率で取引をしておくというのも悪くはないですが別に等倍であっても問題はないことになりますのでその辺りは自分の負うことができるリスクなどを含めて、大きく利益を出そう、ということも期待できることもあります。
要するにFXというのは意外なほどに取引に幅があり、選択肢があるといえるわけです。
レバレッジをかけることによって少ない資金でも大きく利益を狙う、ということもできるわけです。
逆にリスクをあまり高くしたくないと言うのであればレバレッジをかけない、或は低くやるということもできるわけです。
こうした柔軟性のある投資が可能なのです。