FX初心者が低リスクで始めるには?

FXは、最近は主婦や学生もやっていて、「私も始めたい」という人が少なくありません。ただし、適当に始めた人は、その95%が損失を被っていると言われており、低リスクで始めるには基本を押さえておくことが大切です。

【リアルトレードをしてみよう】
FXを始めるのに必要なのは、口座と資金だけです。多くのFX会社では、1万通貨単位から取引が可能なので、ドル円ならばおよそ4万円から取引できることになります。
ただし、初心者が初めから1万通貨単位という高いレートで取引をするのはリスクが非常に大きいので、注意が必要です。
リスクが大きいのは、初心者は、知識が少ないのに加えて、リアルトレードでの精神的な負担に慣れていないためです。精神的な負担に慣れていないと、冷静な判断ができません。
初心者は、リアルトレードをしてみましょう。1000通貨程度の少額取引でも、心理的な負担は感じます。リアルトレードをすると、実際の取引の感覚に慣れることができます。損失は最大で2000円程度で済みますので、冷静さを保って入られます。
少額取引なら、資金4000円から10000円で始められます。少額取引が出来るFX会社は複数存在します。そうした会社を選ぶと良いでしょう。
なお、FX会社のコールセンターは、取引口座を持っていない人に対しても、わからないことは丁寧に教えてくれます。電話で勧誘してはいけない決まりになっていますので、気になったことはコールセンターを利用するのも一つの方法です。

【口座開設の手順は3ステップ】
口座開設は、3ステップで完了します。
1.「新規口座開設はこちら」というボタンをクリックする
2.申し込みフォームに必要情報を入力する
入力する情報は、自分の氏名、生年月日、性別、メールアドレスです。
その後、「各種規定の確認・承認」、「取引に関する重要事項の確認」、「確認書」を読みます。そして、承諾します。
フォーム入力後は、自分の都合の良いタイミングで本人確認書類を提出すれば、口座が開設されます。
3.本人確認書類とマイナンバー記載書類を提出する
本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証など)は、アップロード送信か郵送のいずれかの方法で提出します。
マイナンバー記載書類(個人番号カード、通知カード、マイナンバー付住民票の写し、住民票の写し)に関しては、口座開設後に所定の方法で行うことになります。
なお、写真は、本人確認のために必要です。スムーズに口座を開設するには、事前に準備しておくと良いでしょう。免許証などの写真は、表裏の両面が必要になるので、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です